開発コンテンツ

コンテンツを追加することで、リアル空間よりも
効果的な訴求ができることが多くあります。
VR空間をより効果的なものにすると共に、
売上の拡大や実務の効率化を図ることもできます。

  • VR空間内にセールスボット(チャットボット)とアナリティクスを搭載することができるコンテンツ。モデルハウスやショールーム内をチャットボットとやりとりすることで、ユーザーの理解・共感を促進します。
    アナリティクスで、VR空間内でのユーザーの行動を可視化。VRモデルハウスのどの部屋を訪れたのか?どのタグをクリックしたのか?など、ユーザーの行動を把握することができます。

  • 建築・建設現場で「建築中~完成」までの画像を階層ごとに分けることができます。配管や断熱材の施工方法など施工履歴として記録できます。さらには、撮影したVR空間上に収まりの指示やメモをペンツールを使って書くすることができるので、実際に現場に行かなくても作業者へ指示ができる近未来を現実化したコンテンツです。

  • 店舗やショールームなどで活用できるコンテンツ。タグにECサイトへのリンクを貼ることも可能です。商品の3DデータがあればAR化し、スマートフォンなどを利用して実空間へ配置することができます。家具のサイズ選びやインテリアコーディネートなどで利用することが多いでしょう。

  • VR空間データを使って住宅などのあらゆる家電や建材などをコントロールします。さらには、電力消費量や太陽光の発電量のデータを見ることができるので節約にも繋がります。また、どこにしまったか忘れがちな取扱説明書などもデータ化しタグに埋め込むことでお悩みを解消します。

  • PRICE_

    Matterportの価格

    Matterportカメラ本体と撮影に必要なアクセサリーやデータを保存するクラウド(保存スペース)販売しています。

  • CONTENTS_

    開発コンテンツ

    仮想空間に様々なコンテンツを追加することで、物理空間では出来ない訴求や演出をすることが可能です。

  • CASE STUDY_

    導入事例

    Matterport Pro2カメラを使った撮影事例です。あらゆる建築物で様々な用途で利用されています。

  • FAQ_

    よくある質問

    安心して購入して頂くために、今まで受けたよくある質問を掲載しています。